男性と女性の喜ぶポイントは違う! Vol.9

 

さて、前回のメルマガでは、

勝手に決めつけないで、

ちゃんと相手に確認しましょうと

お伝えしました。

 

また、最後に

どのくらい相手の希望を確認していますか?

と質問しましたが、いかがでしたでしょうか?

 

なぜ確認することが大事なのか?

人は、自分がしてもらって嬉しいことは

相手も嬉しいと思いこんでいます。

(もしくは、そう思いたい)

 

でも実際は、どう感じるか人によって違います。

特に男性と女性でその感じ方の傾向が

大きく違います。

 

たとえば、

男性が女性にプレゼントをしようと考えたとき、

その金額だったり、なかなか手に入らない

といった価値があるものを

プレゼントしようと考えます。

その「モノ」=プレゼントの形

で喜んでもらおうと考えます。

 

でも、女性は高価なモノや希少価値あるモノ

以上に、どれだけ自分のことを思ってくれて

いるかで喜びを感じるのではないでしょうか?

 

だから、高価なものよりも、

ちょっとしたもので良いので、

普段からちょこちょこプレゼントされる

ほうが嬉しいと言われたとき、

私は正直まったく意味が

わかりませんでした(笑)

 

これって、お互いが自分の価値を感じる行動で、

相手にしてあげようとしているのが、

よくわかると思いませんか?

 

だって、

「ちょっとしたものでも、

ちょこちょこ買ってくれるってことは、

毎回私のことを思ってくれている」

なんて考えているなんて、

男性には「全く」思いつきませんから(^^;

いやいや、

高価なものじゃないと女性は喜ばないだろう

と思っている男性がどれだけいることか!

 

ちゃんと理由も含めて、ぜひ彼に

どんなことが嬉しいのか「言葉で」伝えてください。

なぜ嬉しいのか理由もあると、

男性は、より受け取りやすくなります。
(男性は根拠があると安心します)

 

そうすれば、次回からはしっかりと

あなたの喜ぶことをしようと考えるはずです。

 

ただし、注意が一点。

それは「男性は応用はきかない」ので、

言ったとおりのことしかやらない

ということを覚悟しておいてください。

 

女性にとっては、

「そんなの考えればすぐわかるでしょ!」

と思うことでも、男性はわかりません。
(もしくはあえてやらないこともあるが・・・)

 

あと、自分が嬉しいポイントを伝えるときは、

ぜひ彼の嬉しいポイントも

聞いてあげてくださいね。

 

もしかしたら、答えるのを面倒がる男性も

いるかもしれませんが、

「だって、あなたに喜んでもらいたいから」

と言っておけば大丈夫です。

 

もし答えなくても、それだけで

十分男は喜んでいますから(^^)v

 

『何が嬉しいのか理由を伝えていますか?』