感情に振り回されない女になる!ステップ2 感情の源を知る  ステップ2 Vol.283

2019年2月7日 感情に振り回されない女になる!ステップ2 感情の源を知る  ステップ2 Vol.283

こんにちは。

女性の愛が男を変える!世界を変える!!

パートナーシップ・
サクセスプロデューサーの宇根です。

ここ最近、私の周りでは、
クライアントさんも含め、
お金のテーマが強調している人が
多い感じがしています。

お金と恋は永遠のテーマとはいいますが、
たしかにそうかもしれませんね(^^)

そして、お金には、
道具としての役割と
お金を通して個人が感じている感情の
2面性があります。

そして、お金をエネルギーとして
考えるという視点もありますね。

最近は、道具としての役割が
大きく変化しているので、
それに伴って、
これまで以上に、
お金に関する感情が強調してきている
という影響もあるのではないかと
思っています。

先日、知り合いから
「お金のセミナーはやらないんですか?
 ぜひやってください」
というリクエストがありました(^^)

興味あると言ってくれてる方が
全部で3名、私のところに
連絡くれました。
もし、あともう1名、
連絡があったら開催すると
ここに宣言します!(笑)

興味ある!という方の
ご連絡お待ちしています\(^o^)/

残念ながら、
最初は東京での開催となります。

もし、興味あるけど
東京は遠いいようという方は、
ご連絡いただければ、
地方での開催も考えてみますので、
よかったらご一報くださいね(^^)

*******************
感情の波動を整えるシリーズ
【ステップ2】 感情の源を知る
*******************

さて、みなさんは
ステップ1 今の感情を認める
をやってみましたか?

特に、段階2の
感情とジャッジを分ける
というところが、
これまであまり意識的には
やっていなかったはずなので、
難しく感じた人も
いるかもしれませんね(^^)

練習のときは、
過去の出来事で感じた感情を
思い出しながらやってみるのも
オススメです。

たとえば、昔
彼に「そういうところがうざいんだよ」
と言われたときに
(感情)「とても悲しかった」
(ジャッジ)「私が悪かった。私のせいで嫌われた」
(思考)「そんなつもりじゃなかったのに、何が悪かったの」
と分けて、
「あ〜、あのときは、ただ悲しかったんだなぁ。以上!」
と、ジャッジや思考には意識を向けずに
感情を認めてあげる
というところまでが
ステップ1です。

それでは、今日は
ステップ2の感情の源を知る
に入っていきます。

そもそも感情というのは、
自分が作り出しています。

相手はただのきっかけで、
感情の原因ではありません。

たとえば、
「最近、太った?」と言われたときに、

まったく気にしていない人は、
「そうかな?特に食べ過ぎたりしてないけど」
とさらっと受け止められます。

ところが、太っている事を
気にしている人だと
そんなさらっと受け止められませんよね(^^;

周りからも太ったように見えてるのか?
やばい、もっとダイエットしなきゃと
不安や焦りという気持ちがでてきますよね。

でも、「太った?」と聞いた人は
どちらのケースもまったく同じです。

もうおわかりでしょうか?
感情というのは、その出来事を
どう捉えるか?で変わるんです。

そしてどう捉えるか
ということを【解釈】と呼んでいます。

この【解釈】というのは、
「○○は△△だ」という、
信念が大きく影響しています。

信念とは深い(強い)思い込み
みたいなものです。

たとえば、
(出来事)彼からの連絡の回数が減った
      ↓
(解釈)私は嫌われた  ←(信念)私は愛される価値がない人間だ
      ↓
(感情)悲しい、寂しい
ということが、
ゼロコンマ何秒の瞬間で起こっています。

ですから、
まずはそのゼロコンマ数秒の世界を、
ビヨ〜ンと引き伸ばし、
スローモーションにして
細かく分けて見てみると、

その出来事について、
【どんな解釈】をして
【こんな感情】になったんだ
そしてその解釈は、
【どんな信念】=強い思い込み
があったからだ
という仕組みになっているのです。

ですから、
感情の源を知るというのは、
これを逆にさかのぼり、
感情の元になった、
信念を【認識する】ということなんです。

文字だけでは、
わかるようなわからないような
ピンとこない感じかも知れませんが(笑)、
体感すればすぐにわかります。

感情からさかのぼって
深掘りするためのワークという形でご紹介しますね。


◆感情の源を知るワーク(例 連絡の回数が減った)
1)ある出来事で感じた感情はどんな感情かを思い出す
   例 悲しい
2)その感情がでてきたのは、その出来事をどう解釈したのか?
   例 連絡が減ったのは、嫌われたかもしれない
3)その解釈のもとになっている、自分の深い思い込みは?
   例 私は愛される価値がない人間だ

  ※見つけるヒント
  「AはB」だという表現になっていたら
   強い思い込み=信念の可能性が高い

とここまでが、
ステップ2 感情の源を知る
になります。

この続きとして 、
信念を入れ替え、
それによって感情も変えるのが
ステップ3となります。

内容によっては、
入れ替えなくても、
源を知るだけで
すっきりすることもあります。

「知って、そのあとどうするの?」
という人は、
ステップ3の入れ替えをしていきます。

長くなってきたので、
ステップ3は明日ご紹介しますね。

明日までに、まずここまでを
過去の感情を思い出して、
ぜひやってみてください。

どこが難しく感じたか?など
質問があれば、
ぜひメールで聞いてくださいね。