【影響を与える伝え方レベル1】Iメッセージで伝える Vol.269

2019年1月11日 相手に影響を与える伝え方レベル1 Vol.269

こんにちは。
女性の愛が男を変える!世界を変える!!

あなたの騎士(ナイト)になりたい!
と男に思わせる
魅力的で素敵な女性を全国に広める
パートナーシップ・
サクセスプロデューサーの宇根です。

継続は力なりという言葉は、
日本人ならその多くの人が
耳にしたことがあると思います。

でも、その継続が難しいんだよ
と思う人も多いでしょう(^^;

継続するためには、
いろいろなコツがあるのですが、
そのひとつに、やっている成果・手応えがないと
モチベーションが続かない
というのがあります。

いくら頑張って続けていても、
変化が感じられないと
やること自体ムダなのでは?
と思ってしまうやつです。

逆に、やればやるほど
変化の手応えを感じると、
それが嬉しくて、
継続すること自体が喜びとなってきます。

ここでひとつ難しい問題があります。
それは、自分では変化に気が付きにくい
というものです。

脳の可塑性という、
少しずつなら変化を受け入れられる
という脳の性質上、
少しずつだからこそ
自分では気が付きにくいということです。
でも、周りからみると、
その変化は明らかなことが多いんです。

ですから、なにかを継続するときは、
その継続する内容のプロに
定期的にフィードバックをもらうことが
重要なんです。

たとえば、
私は昨年の秋にカイロプラクティックで、
自分の身体を整える簡単な体操を
教えてもらいました。

それをほぼ毎日続けているのですが、
それが自分にどんな変化を与えているかは
全然わかりません。

思わず、これ本当に効果があるのかな?と
疑問に思うこともたびたびあります。
でも、カイロの先生のところへ行くと、
「前回よりもさらに変化してきてますね!」
と言われ、初めて
「あー、続けている効果はあったんだ。
 続けていてよかった」
と思えます。

そんな自分の体験や
これまでクライアントさんをサポートしてきて、
もっと継続することを
みんなで楽しむ場がほしいと!、
私が思ってしまいました(^^)

ですから、今年春から、
無料のオンラインサークルを
スタートさせようと思っています。

テーマは、
理想のBEから生きる波動を創る!
を予定しています。
と、まずは宣言して自分を追い込む(笑)

これから、
オンラインサークルの環境作りと
内容を準備していきますので、
途中経過もお知らせしながら、
ご案内できればと思っています。

ぜひ楽しみにしていてくださいね(^_-)-☆

*******************
相手に影響を与える伝え方レベル1
*******************

今年は、
自分も幸せになって、
男も幸せにできる
素敵な女性をたくさん増やすために、
これまで以上にがんばろうと
決意している宇根です。

そのために、
まず男性があなたのために
もっと変わりたい!と思わせる
影響力をたくさんの女性に
身に着けてほしいと思っています。

男性に影響力を与えるには、
3つのアプローチがあります。
1.聴き方で影響を与える
2.伝え方で影響を与える
3.波動で影響を与える
という3つのアプローチです。

そして、それぞれにレベルがあります。
これまでに、

【聴き方レベル1】否定しないで聴く
【聴き方レベル2】相手の言葉で質問する
【聴き方レベル3】女性と違う男性の共感ポイント

について解説してきました。

それぞれの難易度は、
(MAX *****段階)

聴き方レベル1  **
聴き方レベル2  ***
聴き方レベル3  *****

な感じです。

そして今日からは、
伝え方について解説していきます。

まず、最初に言っておきますが、
伝え方は、聴き方に比べて
さらに難易度が高いと
肝に命じてください。

なぜなら、
スキルだけでは限界があり、
その多くは【あり方】とセットで
効果を発揮するものだからです。

一見、聴き方のほうが難しく感じて、
伝え方のほうがすぐに実践できると
勘違いする人がほとんどです。

でも、難易度は伝え方のほうが
はるかに高いので、
中途半端にやると逆効果になり、
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
かえって伝えないほうがよかった(汗)
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
となりかねませんので、
ご注意ください。

実践の際には、
いきなり彼に試すのではなく、
きちんと練習してから
彼に試すのをおすすめします。

また、メルマガでは、
スキル中心に解説をしていきます。
そして、その裏には
どんなあり方が必要かまでは
説明しますが、
そのあり方をどうやって整えるかは
メルマガだけでは伝えきるのが難しいと、
ご了承ください。

それでは、伝え方レベル1です。


=================
【伝え方レベル1】
 Iメッセージで伝える
=================

I(アイ)メッセージというのを
聞いたことがありますか?

これは、心理学の世界でよく使われる言葉で、
「私は、 〜と思った」
「私は、 〜と感じた」
と、「私」を主語にして、
相手に伝えるというものです。

たとえば、
彼がなかなか連絡してくれないことに
不満を持っていることを
伝えようとしたとき、

「なんで連絡くれないの!」

と思わず言いそうですが、
この言葉に隠れている主語は、

「なぜ”あなたは”連絡をくれないの」

と主語が「あなた」になっているのが
わかりますか?

これをIメッセージに変換すると、

「連絡がなかなかないので、 ”私は”寂しく思ったのよ」

となります。

単純にふたつの印象が違うのが
わかりますよね。

私のクライアントさんにも、
『自分の気持ちを伝えることは大事です』
とよく言っています。

ただし、言葉にしなくても、その奥で、
「私の寂しさを、ちゃんとわかってよ!」
とか
「この寂しさ、なんとかしてよ!!」
という想い(=感情の波動)を持ちながら、
「私寂しかったのよ」
と伝えると、
言葉よりも波動のほうが伝わるので、
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
本来のIメッセージの
伝わり方ではなくなります。

ですから、伝えようとするその瞬間、
自分がどんな感情を持っているのか?は
とても大事なんです。

感情が強いときは、
言葉よりも感情のほうが相手に伝わるので、
伝えたいことがあるときは、
自分の感情がおだやかなときに
するようにしてください。

くれぐれも感情のままに
伝えないでくださいね。

それは、メッセージでも同じです。
メッセージを送るときも、
その言葉に感情の波動はのりますので、
相手にも伝わります。

メッセージひとつ送るにも、
しっかり自分の感情を確認し、
感情的なときにメッセージを送るのは
控えましょう。

このあたりは、
頭で理解しても、なかなかできない
という典型的な例です。

ぜひ、実際に練習をしてください。
練習するのにぴったりの場所で
お待ちしています(^^)
 ↓
 ↓
 ↓
恋愛コミュニケーション実践WSの
最新スケジュールはこちら↓です。
https://ameblo.jp/ukon-kikaku/entry-12382159908.html

来週は、伝え方レベル2として、
さらに相手に伝わりやすいコツを
お伝えしますね。