彼を癒やしてあげたいは要注意!? Vol.240

2018年11月21日 彼を癒やしてあげたいは要注意!? Vol.240

こんにちは。
女性の愛が男を変える!世界を変える!!
パートナーシップ・ サクセスプロデューサーの宇根です。

北海道では雪が降ったようですが、
東京もかなり寒く感じるように
なってきました。
朝などは摂氏6度と一桁です。

まぁ、北海道の最高気温が
東京の最低気温みたいな
感じなのですが(^^)

でも、不思議ですよね。
北海道だと6度があたたかく感じて、
東京だと寒く感じる。

同じ6度なのに、
それ以外の時間が17度なのか、
マイナス5度なのかで、
感じ方が違うんですよね。

つまり、人間は相対的に感じるもので、
絶対的な感覚はないのかもしれません。

ということは、
環境の影響はとっても大きい
ということですね。

笑顔で幸せそうにしている人に
囲まれて過ごすのと、
愚痴やネガティブなことばかり
言う人に囲まれて過ごすのでは、
あなたの「当たり前」も
変わってくるということですね(^^)

「でも、環境なんて自分では変えられないし」
と思っている人、
それもただの思いこみかも
しれませんよ(^_-)-☆

絶対無理はありえません!!!
必ず何かできることはあります!!
絶対無理はやろうとしていないだけです!

すでにどこかにある前提で、
「もし、あるとすればどんなことがある?」
と問いかけてみてくださいね。

それでは、午後からも
素敵な時間を「意識的に」
過ごしてくださいね(^^)v



*******************
彼を癒やしてあげたいは要注意!?
*******************

昨日もクライアントさんと話していて、
共依存の説明をする機会がありました。

実は依存というと
相手を頼るようなイメージが
あるのですが、
波動でみるとちょっと違うんです。

波動的にいうと、
「孤独の恐怖のエネルギー」が
元になっていることが多いんです。

その孤独の恐怖を
感じないようにするために、
「自分の外に何かを求める」ような
あらわれだったり、
「相手を責める」ような
攻撃的なあらわれだったり、
あらわれはいろいろあり得るんです。

一見、全然違うあらわれに見えて、
波動が似ているところで共鳴し、
共依存となるわけなんです。

依存の波動そのものが
悪いものではありません。

<過去記事 参考>
あなたの中の隠された「重い女」が男をとおざける Vol.213
依存の「正体」とは!? Vol.214

共鳴するとその波動が
どんどん強まっていきます。
つまり、しんどい波動が
どんどん強くなるということです。

でも、どちらかの波動が変わると、
共鳴しなくなるので、
依存の波動も落ち着いてくるんです。

私も実際に自分が恋愛で依存し、
うまくいかなかった体験があるので、
とってもよくわかるんです。

私はそのおかげで、
もっと自立したい!と思ったし、
スピリチュアル・パートナーシップである
【対等で自立したパートナーシップ】を
コンセプトにしようと思った
きっかけでもありました(^^)v

共依存でよくある
あらわれのひとつに、
相手の心を癒やしてあげたい
というのがあります。

これまで私のクライアントさんにも
相手の彼のことを癒やしてあげたい、
心のサポートをしてあげたい
という女性は多くいました。

でも、自分が癒やされていないまま、
それをしようとすると、
共依存になる可能性があるので
要注意なんです。

相手をサポートしてあげたい
という気持ちはとっても素敵なのですが、
まず自分に心の余裕がなければ、
共依存にハマり、彼もあなたも
癒やされない状態になります。

だからこそ、
まずは自分のあり方を整え、
自分らしい心の余裕を取り戻すことが
最優先なんです。

でも、それは自分でやろうとしても、
長続きしないんです。

なぜなら、
独学の多くの場合、
いろいろ試しているうちに
なんとなくできてたみたいに、
無意識なことが多いんです。

でも、プロのサポートを受ける
ということは、
やり方が明確にあり、
いつでも再現性があるから
たとえ、余裕をなくしても、
『意識的に』すぐに『自分で』
対処できるようになります。

依存から卒業し、
対等で自立したパートナーシップを
築きたい方には
ぜひ身に付けてほしいと思っています。

もし興味ある方は、
事前カウンセリングで、
レッスン内容を説明しますね!



<過去記事 参考>
あなたは男運がないと思っていませんか Vol.50
あなたの波動が運命の彼を引き寄せる Vol.86
男性に振り回されている感じている女性へ Vol.115
惹かれる相手だからといってうまくいくとは限らない (映画「グレイテスト・ショーマン」より) Vol.116
あなたと彼の関係は依存になってませんか? Vol.144