改めて男は鈍感というお話し Vol.230

2018年11月6日 改めて男は鈍感というお話し Vol.230

こんにちは。
 
女性の愛が男を変える!世界を変える!!
 
パートナーシップ・
サクセスプロデューサーの宇根です。
 
 
 
昨日、婚活パーティーを何度も主催し、
 
そこから15人以上の参加者が
 
結婚したという人に、
 
なぜそんなに制約率高いんですか?
 
というお話しを聞いていました。
 
 
 
そこでは、他の婚活パーティーなどでは
 
やっていないあることをやっていました。
 
ある意味とっても現実的であり、
 
しかもなるほどと説得力がありました。
 
 
 
そのコツをわたしのセッションでも
 
取り入れてみようと
 
思っています(^^)v
 
 
 
あとその方が言ってたのが、
 
「とにかくたくさん人に会うこと」
 
でした。
 
 
 
特に男性側について、
 
「本気で結婚したいと
 
思っていないからできない」
 
というのが印象的でした。
 
 
 
なぜなら、結婚したいと言いながら、
 
仕事ばかりしてたら、
 
そりゃ結婚できないよね?と。
 
 
 
本気で結婚したい人で、
 
結婚できた人は
 
やっぱり行動していると。
 
 
 
いや〜、ごもっともでございます(^^;
 
 
 
まぁ、あとはそれを
 
どれだけ少ない行動で
 
成果をだせるようにするか?
 
ですね(^^)
 
 
 
女性も共通する部分は
 
あるかもしれませんが、
 
なにをするか=行動が
 
男性の場合とは
 
少し違いますので、
 
女性ならではの行動を
 
間違えずにしてくださいね(^_-)-☆
 
 
 
 
*******************
 
改めて男が鈍感というお話し
 
*******************
 
 
女性と違い、
 
察することのできない男とは、
 
よく言われることではあります。
 
 
 
でも、女性が考えている以上に
 
実は察することが
 
「できない」のです。
 
もう一度言いますね。
 
あなたの想像以上なんです(笑)
 
 
 
たとえば、デートの最中に、
 
「あ、あそこのカフェ、おしゃれ!
 
 ねぇ喉乾かない?」
 
と聞かれ、
 
「いや、俺はとくに喉乾いてないよ」
 
と答える男性(^^;
 
 
 
さて、女性のあなたなら
 
もうおわかりですよね?
 
 
 
でも、男性は普通に
 
聞かれたことに答えただけ
 
という感じで、
 
あなたが本当は何をしてほしいか
 
伝えていることに気がついていません。
 
 
 
こんなときは遠慮せずに、
 
ストレートに伝えたほうが良いのです。
 
彼のことを気遣う必要は
 
まったくありません。
 
 
 
たまに、
 
「こんなこと言ったら、
 
なんて思われるかな?」って
 
気にする女性がいますが、
 
まぁだいたいそういうときは
 
男はほとんど何も気にしていないことが
 
多いでしょう。
 
 
 
男が気にするようなときは、
 
女性が何も気にせずに
 
言ったひとことのほうが
 
多いと思いますよ(笑)
 
 
 
感じ方の違いは
 
こういうところにもでます。
 
 
 
もちろん、こういうときって
 
男性はこう思っているんだと
 
男性心理を学ぶのも力に感じると思います。
 
 
 
でも、それ以上に重要なのは、
 
なんて思われるかを「気にしている」
 
ことなんです。
 
 
 
メルマガやブログで
 
お伝えしている男性心理は
 
あくまで一般論。
 
男性だって個人個人感じ方は違います。
 
だから正解はありません。
 
 
 
だからこそ、
 
言いたいことが言える関係性を
 
どう築いていくかが
 
大切なんです!!
 
 
 
そして、そういう関係性を実現する
 
近道は、あなたの「あり方」を
 
取り戻すことです。
 
 
 
思い出すと言ってもいいでしょう!
 
あなたの本質である、
 
あなたらしさはすでにあなたの中にあります。
 
 
 
それをどう発揮していいかわからず、
 
周りの声に振り回されたり、
 
自分でも本当はどうしたいか
 
わからないように感じているだけです。
 
 
 
そして、その本質を思い出すのを
 
邪魔しているのが、
 
自己暗示や思い込みといった
 
「見えない思考のくせ」です。
 
 
 
あなたが認識できている思考のくせは、
 
ほんの入り口に過ぎません。
 
その奥にある、
 
「見えない思考のくせ」に
 
気づくことが、あなたのあり方を
 
整えていくことになります。
 
 
 
もっと言えば、
 
その思考のくせが
 
あなたの感情も振り回しているのです。
 
 
 
つまりあり方を整えるということは、
 
感情の振れ幅も小さくすることに
 
なるんです。

パートナーシップはもちろん

 
あなたの人生にとっても大切な
 
あなたのあり方を取り戻してみませんか?