男は女性のどこを見てるの? Vol.223

2018年10月23日 男は女性のどこを見てるの? Vol.223

こんにちは。
女性の愛が男を変える!世界を変える!!
パートナーシップ・ サクセスプロデューサーの宇根です。

涼しいから、少しずつ
肌寒い感じになってきましたが、
いかがお過ごしですか?

突然ですが、
あなたは自分の脳を刺激していますか?
同じような毎日の繰り返しで、
刺激がないと感じている人も
いるかもしれません。

私も会社員時代にそう感じた時期が
何年もありました。
そして何をしてよいかわからないとも。

今だからわかるのですが、
実はそんな難しく考えずに、
「ほんのちょっと」だけ
普段と違うことを
するだけでも脳は刺激を受けています。

たとえば、
いつもよりも少し早い時間に出勤してみる
食べたことのないメニューを頼んで見る
普段見ないテレビを見てみる
などなど。
なんでもいいんです。
それがたとえ面白くない!など、
自分が期待したものでなくても、
脳には刺激なんです。

すると、何をしたいかを選ぶ
感覚がどんどん育ってきて、
本当に自分が何をしたいかが
わかるようになります。

経験者の意見です(^^)v

さて、今日はいつもと違う時間に
ジムに行ってみようと思います♪

*******************
男は女性のどこを見てるの?
*******************

今日も、「男の謎」を教えてください!という
読者からの質問に答えていきたいと思います。

ここから
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
先日、彼とデートした翌日に来たメールに
こんなことが書いてありました。

『僕は君のこと、結構見てるんだ。
なるほどなるほど。足首はこれくらいかあ・・・。とかね・・・』

私はこの彼のメールを見て、
「はああ~~???足首見てるって、何なの?」って
思ってしまいました。
私は彼の足首には興味がありませんので、見たりしません!
しかも私の太い足を見て、何が楽しいのでしょう・・・
こんなことを言う彼は、一体何を考えているのでしょうか?
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ここまで

A.O.さん、ありがとうございます。
これは男性心理全般というよりも、
「彼」のことと言ったほうが
よいと思いますが、
解説してみますね(^^)

まず、これを見て私が思ったことは・・・
「やっちまったなぁ~」
というもの(笑)

結論から言えば、
おそらくですが、
「君のことが大好きで、
君のことをいっぱい見てるよ」と
アピールしたかったのだと思います。

ところが、どこを見ているかで、
「足首は・・・」というのは、
例えがあまり上手では
なかったですよね(笑)

本当はきっと、
「他の人はあまりみないところまで
僕は見ている。
つまりそれだけ他の男よりも
君を見ているんだよ」
ということを伝えたかったのだと
思いますが・・・
つい、自分の好み(フェチ)の本音が
でてしまった感がありますね(^^)

男ならだれでも足首を見ている
というわけではありません。
女性でも、思わず目がいくところが
ありますよね。
そこは男性も一緒です。

ですから、「男性が」というよりも、
個人個人で目が思わず行く場所は
違っています。

唯一、男性ならではの視線といえば、
「女性の胸」でしょう。

女性の多くが
「男は大きいおっぱいが好き」と
勘違いしていますが、
実はそんなことはありません。

もちろん、大きいおっぱいが好き
という男性もいますが、
大きくないほうが良いという男性も
結構、多いんです。

大きさ以上に、
男性にはないもの、
母親の象徴としての胸には、
【無意識に目が言ってしまう】
というのが男性心理、というよりも
男性の本能と言っていいでしょう。

よくデートしている最中に、
他の女性の胸を見ていて
女性が怒るというのは
ありがちな場面だと思いますが、
男性にあまり深い意味はありません。

「自然に」目がいってしまうだけなんです。
中にはえっちな目で見ている人もいますが、
視線が動くという意味では、
まったくえっちな感じは持っていないけど、
目がいってしまうこともあるんです。

これは女性には
にわかに信じがたいかもしれませんが、
事実です。

あまり良いたとえでは
ないかもしれませんが、
女子がかわいいものに反応するのと、
ちょっとだけ似ているかもしれません。

だから、おっぱいが
小さいほうが好きな男性でも、
胸の大きな人がいれば
胸に目がいってしまうこともよくあります。

それと、好みは違うということです。
さらにいえば、
どんな女性がモテるのかというのは、
文化によっても違うと言われます。

原住民のある部族では、
太っている女性のほうが人気があり、
モテるというところもあるそうです。

まぁ、それはちょっと
極端かもしれませんが(^^;
ようは好みなんて個人で違うし、
個人の好みだって変わることもある、
あやふやなものだということです。

出会うタイミングだったり、
育った環境が似ているといった
共通点があったりなど、
人はいろいろな要素で
判断しているんです。

だからこそ、
頭で考えた好みだけではなく、
「魂」で感じるご縁を
大切にしてほしいと思っています。

最後に私の大好きなドラマのセリフをご紹介します。

「何もせんでいい。
 笑っとればいい。
 隣で笑っとるだけでいいけん。
 俺を幸せにしてくれ」

「幸せにする。あたしが大悟を幸せにする」

(ドラマ版「砂時計」最終回より)