「自分を大切にする」ってどういうことですか? Vol.218

2018年10月15日 「自分を大切にする」ってどういうことですか? Vol.218


こんにちは。
女性の愛が男を変える!世界を変える!!
パートナーシップ・ サクセスプロデューサーの宇根です。

10月も3週目に入りました。
なんか早いですね〜。
ちょっとジジ臭いですかね?(笑)

暑さも落ち着き、星周り的にも
10月に入って、どんどん動きましょう!
というエネルギーになっています。

秋は食欲の秋といいますが、
だからこそ、
行動の秋にもしたいものですね(^_-)-☆

さて、外が気持ちよい今の季節に、
年内の行動計画だけでなく、
来年の計画も立てていきたいですね(^^)

気のいい場所で、来年のプランをたてる
お茶会でもやろうかなぁ。
興味あります!という反応があれば、
考えてみますね。
ぜひ、みなさんの反応お待ちしています(^^)

*******************
「自分を大切にする」ってどういうことですか?
*******************

今日も読者の方からの質問に
お答えしていきたいと思います。
以下、ご質問の内容です。

ここから
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
はじめまして。
いつもメルマガを楽しみに、読ませていただいてます。
昨日のメルマガの中で、
どうしても、いつも分からない事があり返信させていただきました。

それは「自分を大切にする」って事です。
自己啓発の本などでも、ほんとによく言われてる言葉だと思います。
「まずは、自分!自分を大切にする」だけど、私は分からないのです。
具体的に、自分を大切にするって 何をしたらいいのかな?と考えてしまいます。

昨日の話に、自分を大切にしていたら、1人じゃないと思えるから孤独も感じなくなる!ってありました。
常に孤独を感じてるわけじゃないけれど、なんとなく自分が満足できてない不安は常にあります。
まだまだ自分を大切にできてないのかな??

カウンセリングでお答えするところなのでしょうが、簡単にでもメルマガでおしえていただけたら嬉しいです(^^)
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 
ここまで

残念ながら、お名前がなかったので、
仮にYさんとしておきます。
Yさん、とっても大切な質問
ありがとうございます。
これ、聞きたかった人、
きっとたくさんいると思います。

では、私なりの考えをお伝えしますね。
たしかに、たくさんの本やブログで、
「自分を大切にする」って
書かれていますよね。

なぜわかりにくいのかというと、
実はたくさんの要素があって、
それらすべての総称みたいなものだからだと
私は思っています。

では、どんな要素があるのか?

代表的な3つが以下のとおりです。
1)自分の本音を無視しない
2)できない、ダメダメな自分を許す
3)体の声を聞き、体のメンテナンスをする


順番に解説していきますね。

1)自分の本音を無視しない

本当は自分が何を望んでいるのかに
気づいていない人も実は多いです。
「〜しなければいけない」
「〜したほうがよい」
などは典型的な本音に
気がついていないパターンです。

そして自分の本音を知るためには、
次の2)が重要となってきます。


2)できない、ダメダメな自分を許す

日本人には多いのが、
できない自分を責めるパターンです。

でも、誰だって
できないことはあるのが人間です。

まずは、できない自分を認めることが
重要です。

そして、「今は」できないけど、
できるようになりたいのか?
それとも、
それは自分がやらなくても
よいことなのか?を見極める。
ここが本音を知るというところですね。

でも、まずはできない自分を認める、
責めている自分を認めることです。

認めるってどういうこと?と
難しく考える必要はありません。

「あ〜、今自分を責めているなぁ」
「できない自分をダメだと
思っている自分がいるなぁ」
で止めて、ジャッジしないことです。

最初は、なれていないので
難しく感じるかもしれません。

そんなときは、
「自分を責めているように感じていることを
受け入れ、認め、許し、愛しています」
「できない自分はダメだと思っている自分を
受け入れ、認め、許し、愛しています」

と唱えてみてください。
「受け入れ、認め、許し、愛しています」は、
愛結(まなゆい)という魔法の言葉です。

最初は実感がなくていいので、
まず口に出して唱えてみることから
始めてみましょう。


3)体の声を聞き、体のメンテナンスをする

実はこれが誰でもすぐにわかり、
とっても大事なことなんですが、
多くの人ができていません。

体はとてもたくさんのメッセージを
教えてくれます。

でも、そのメッセージを無視したり、
気が付かないでいると、
体が悲鳴をあげて、
「早く気づいてよ!」と叫びだします。

それも無視すると、
重い病気になることもあるので、
要注意です。

そんな体の声を聞いて、
その声にしたがってあげることも、
自分を大切にすることになります。

さて、自分を大切にするということが
少しはイメージできたでしょうか?
文字だけですと、
どうしても今日みたいな感じになります。

本当はもっと具体的なやり方も
たくさんあるのですが、
そのやり方は
一人ひとり違ったりします。

ですから、本来は、
個人セッションなどで、
その人の状態や特徴を聞いたうえで、
「あなたが自分を大切にするためには、
まず○○から取り組んでみましょう」
という流れになります。

いっぺんに、
いろいろなことをするのではなく、
まずできるところから
少しずつ自分を大切にすることを始め、
「あ〜、これが自分を大切にする
ということなのかな」
と腑に落としながら、
さらに自分を大切にする範囲を
広げていくというのが私の認識です。

本や私のメルマガででてくる、
「自分を大切にすると・・・になる」
というのは、
自分を大切にできている状態が
かなり深まった状態のことを言っています。

最初の段階だと、目指すべきゴールイメージ
と言ってもいいでしょう。
だから、焦らず自分のペースで
進んでいくのが一番の近道です(^^)

自分を大切にできていなかったなぁと
気づくだけで、すでに、
できていない自分を認めることになるので、
大切にし始めているんですよ(^_-)-☆

あまり自分をいじめないでくださいね(^^)