あなたの中の隠された「重い女」が男を遠ざける Vol.213

2018年10月5日 あなたの中の隠された「重い女」が男を遠ざける Vol.213

こんにちは。
女性の愛が男を変える!世界を変える!!
パートナーシップ・サクセスプロデューサーの宇根です。

今日は早速本題です。

*******************
あなたの中の隠された「重い女」が男を遠ざける 
*******************

私がみなさんに伝えたいと思っている、
【お互い自立し、対等な関係性】
という意味のパートナーシップですが、
その反対にある関係性は何だと思いますか?

それは、共依存です。

依存と言っても、
アルコール依存とか、SEX依存とか、
種類もいろいろあるのですが、
ここでは特にパートナーとの関係性に
絞ってお話ししたいと思います。

別に依存そのものが悪い
というわけではありませんが、
過度な依存でつながろうとする関係性は、
大変に感じることが多くおこります。

依存でつながるということは、
依存の波動で共鳴しているということで、
共鳴すると、その波動が
さらに強調されるという特徴があります。

だから、自分の依存のエネルギーに
気が付かないで無意識にまかせていると、
どんどん依存が大きくなっていくんです。

でも、お互いを助け合う関係が理想
という人も多いですよね。

じゃ、お互いを助け合うのと
依存はどう違うの?
という疑問がわいてきます。

そんな違いをうまく説明している
一節を紹介しますね。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
共依存との大きな違いは、
共存共栄関係にある二人は
それぞれ独立した個人として
協力し合うことにあります。

たとえば一人は料理が大好きで買い物が嫌い、
もうひとりは買い物好きで料理が苦手だった場合、
それぞれが得意とする仕事を引き受け、
共同で作業することで
双方にとって効率よくニーズを満たすことが
できます。

これに対して共依存関係では、
ある仕事や行為に関して協力しあうのではなく、
あなたの人格もろとも相手の世界に
溶け込もうとします。

パートナーが関心を寄せるものを
自分の関心事として、
相手を中心とした世界に
一緒にとどまろうとするのです。
(ジャン・スピラー コズミックラブより)
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑

どうですか?
ピンときませんか?

ここで少しだけ補足しておくと、
共存共栄関係というのが、
それぞれ自立した対等な関係で、

共依存とは、
お互いに依存し合っている状態
という意味です。

つまり、パズルのピースのように
ピッタリあうのが共存共栄で、
相手が望んでもいないのに、
「尽くす」という姿勢は、
本来相手がやるべきことを、
相手の世界に入り込んで
代わりにやってしまう(奪ってしまう)のが
依存ということなんです。

依存していると、自分が尽くしただけ
相手にも見返りを求めます。
「これだけやったんだから、
あなたも同じくらい私を愛してよ!」と。

実際に行動としてやっていなくても、
それを望む気持ちがすでに
依存のエネルギーなんです。

共依存という関係は
相手も同じように依存してくるので、
一緒にいられますが、
どちらか一方だけが依存していると、
相手には「うざい」「重い」
になっていくわけです。

では、いったいどうすればよいのでしょう?
このあと書いていたら、
ものすごく長くなったので、
次回へとつづきます(^^)